色々な画像の練習や表現
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウル母習作
 xxxmmo-m1.jpg
heroineismのKPFさん製作のウルトラの母を使わせて頂いています。

POSER9には小道具やフィギュアを複数揃えたセットを「シーン」として保存できるのですが、工場敷地のシーンがPOSER9のランタイムにで入っていたので早速使ってみました。

それぞれ個別にフィギュアや小道具としても入っており、工場で使われていそうな建物や工事用のクレーン、建築中のビルなど特撮向きな小道具が多数揃っていて非常に使えます。背景建物の充実は本当にありがたいです。

そのウルトラの母が唯一戦うシーンが出てくるのが


「ウルトラマンタロウ VOL.1」
第2話「その時ウルトラの母は」
第3話「ウルトラの母はいつまでも」

このエピソードに登場する再生怪獣ライブキングはコミカルな姿形をしながらも、どれだけ破壊しても再生するという非常に強力な怪獣で、ウルトラマンタロウも川に投げ込まれた上左腕を踏みつけられて折られてしまいます。再戦でも痛めている左腕を攻撃されるなど危機に陥ります。その後母が登場し・・・という展開になります。

母は過保護すぎるという声もありますが、ウルトラの命を与えられて、慣れない状況(ライブキングとコスモリキッドの二体を相手にする)でどうにか戦うという印象を与えたかったのかもしれませんね。
スポンサーサイト
女子プ□レス的な
19710103_p0.jpg
世間的に「リョナ」と呼ばれる絵を描くことが多いのですが、特にシンプルなプ□レス風イラストが好きです。

影響を受けた・・・と言うよりも根底にあるのがこの作品だったりします。

母の背中
kkk-mebx-kk-0001.jpg kkk-mebx-kk-0002.jpg

ウルトラマンメビウス Volume 10

第37話「父の背中」 宇宙三面魔像ジャシュライン
第38話「オーシャンの勇魚」 宇宙有翼怪獣 アリゲラ
第39話「無敵のママ」 憑依宇宙人 サーペント星人
第40話「ひとりの楽園」 宇宙植物怪獣 ソリチュラ

の中から第37話を参考に作った連作です。

ウルトラマンがカラータイマーを物理的に破損させられる描写が初めて登場します。
ウルトラマン
da-d-zz-xx-002.jpg da-d-zz-xx-003.jpg
■ウルトラマンVol.10
・第37話「小さな英雄」酋長怪獣ジェロニモン
・第38話「宇宙船救助命令」光熱怪獣キーラ
・第39話「さらばウルトラマン」宇宙恐竜ゼットン

今更説明不要かとは思いますが、非常に強く、あまり危機的なシーンが見られない初代ウルトラマンにあってピンチシーンが全て収まっていると言ってもいい巻です。最終三話で今までにないような危機の連続。最終回のウルトラマンとゾフィーとの会話からは長命と激闘の結果疲れ切ってしまった様にも受け取れます。

勿論カメラワーク、構図、一連の流れなどの画面作りはやはり非常に優れていて、連続画の参考になりました。
帰ってきたウルトラマン
ice-bw-ba201r-xxx000.jpg or-kn0001.jpg

■帰ってきたウルトラマンVol.10
・第37話「ウルトラマン 夕陽に死す」 
・第38話「ウルトラの星 光る時」
 暗殺宇宙人ナックル星人 用心棒怪獣ブラックキング

・第39話「20世紀の雪男」
 雪男星人バルダック星人

・第40話「まぼろしの雪女」
 雪女怪獣スノーゴン 冷凍怪人ブラック星人

有名すぎる名エピソードがこの一枚に全て揃っています。特に有名なのは37話でナックル星人とブラックキングに痛めつけられて逆さづりになるシーンと40話でウルトラマンが凍らされてバラバラになるシーンだと思いますが、それ以上にこれらエピソードに使われたセットや夕日、ライティングは非常に素晴らしく、個人的に大変影響を受けています。特に39話の雪のシーン及びセット全体の雰囲気、凍らされたウルトラマンなどはマテリアル設定を考えるに辺り大変参考にしました。

昭和ウルトラのセットは特にリアルというわけではないのですが、ウルトラ特撮の一セットとして大変バランスが取れており大変雰囲気のあるものとなっています。ああいった雰囲気を何らかの方法で出せないかといつも考えています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。