色々な画像の練習や表現
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そうだ(笑)


怪獣描けないなら擬人化してしまえば!(笑)

こんな更新ばかりですみません(汗)
POSER7の習熟に手間取っていまして。
レンダリングさえ安定してくれれば・・・
スポンサーサイト
うーん


バンプマップ周りのバグなのか、読み込むたびにデストピアの
窓周り表示がおかしくなってしまいます。レンダリングしてみて
同じ構図で窓だけ画像が妙に違うという事がしばしば起こって
同じ構図の連作を作る時に困っています。

ちゃんと表示される時はされるので、何か対策方法は
無いものかと思案中です・・・(汗)
触手2D


触手絵に挑戦してみましたが難しいです・・・(汗)
コンビナート2


ray-x-sss000.jpg

7でレンダリングできなくて6でレンダリングしました。

レンダリング中に突然落ちてしまう現象が頻発しています。
6の時はメモリエラーが出てレンダリングが中止になったんで
対策のしようもありましたが7は突然ソフトごと落ちます。

6でレンダリングできるんだから7でもできそうなもんなんですが。
あと、たまにフィギュアを保存して呼び出すとエラーが出て二度と
呼び出せなくなる事が。これがいちばん怖いです(;´Д`)
剣一閃


更新滞り気味ですみません(汗)
檻2
ori-ray-w-005.jpg

ori-ray-w-008.jpg

ori-ray-w-010.jpg

DAZで公開されている無料の檻を使ってみました。
姉妹
haha-senaka000.jpg

ray-www000.jpg

ray-wvbbww000.jpg

ray-ora-xxxx.jpg

ray-g-xxx000.jpg

ray-gorza000.jpg

・・・・(笑)
メビウ
ray-xx001.jpg

ray-xx000.jpg

ray-xx002.jpg

・・・・・・・・・(汗)

胸のクリスタルはBlueMaxさんの製作されたものを使わせて頂きました。
2D絵落書きつづき
2D絵落書き
ray-w1.jpg

PC上で作業できる様になったのでちょっと作画が早くなりました。
dyna-1st-m-000.jpg

dyna-1st-m-001.jpg

山のプロップを手に入れたので習作です。
ビルの間


更新が滞っていてすみません(汗)


少しだけですが追加しました。
窓から


ray-ora-bil001.jpg

窓越しの画像を作ってみました。
ライトと背景
ライトから背景色を作ったり、背景色からライトを作ったりしてみます。

tip3-001.jpg
デフォルトのライトから「冬」を選びます。

tip3-002.jpg
背景色を触るとカーソルがスポイトになります。その状態でクリック。

tip3-003.jpg
「背景色」というウインドウが出た状態でライトを触ります。

tip3-004.jpg
ライトの色を選んでクリックすると背景色が選んだライトの色に変わります。

tip3-005.jpg
デフォルトの状態。

tip3-006.jpg
ライトから色を選んだ状態。全体的に色が統一された感じになります。


tip3-007.jpg
ではライトは「冬」のままでこんな派手な背景画像を入れてみました。
何だか背景とフィギュアの色がマッチしていません。

tip3-0075.jpg
今度はさっきと逆にライトの方から選択します。

tip3-008.jpg

tip3-009.jpg
背景の画像から色を取っていきます。

tip3-010.jpg
三つのライト全てを背景から取った色に変更しました。

tip3-011.jpg
レンダリング後。背景の色とフィギュアの色が融和した感じになりました。

背景・地面・ライトの色調が調和しているかどうかは
個人的にはかなり重要だと思っています。例えば
tip000ug.jpg
空と地形とライトの色をちぐはぐにしてみるとどうにも妙です。

tip001ug.jpg
同じような色に全て揃えた方が雰囲気は出るかと思います。
最初の最初
まずPOSERを扱うに当たって自分がおすすめするのは
以下の様なやり方です。

tip1.jpg

まず起動したら「床」のチェックを外します。

適当なフィギュアを読み込みます。
CANDYさんのウルトラガールを使ってみましょう。

tip2.jpg

文章打ち間違ってますが(汗)
デフォルトのライト「薄いブルー」を選択。

tip3.jpg

背景色を濃い黒っぽい色に。

tip4.jpg

「地平線」にチェックを入れて地平線を表示。

tip5.jpg

カメラを動かして煽り気味にする。

tip6.jpg

レンダリング。下から見上げている感じに。

tip7.jpg

床を表示すると

tip8.jpg

ついついやってしまうレンダリング。
画面がとぎれて奥行きがない様に見えます。

tip9.jpg

カメラを煽り気味にすると

tip10.jpg

床だけレンダリングされてしまいます。

背景や小道具を沢山置きたいかも知れませんが、遮るものが多いと
カメラワークやレンダリングの面でややこしい部分が出てきますし
動作が重くなりますので慣れないうちはライトや背景だけで世界観を
作るのが良いかと思います。

まずはフィギュア以外全く遮るものがない状態で、動作に慣れるまで
好き勝手遊んでみましょう(笑)

tip11.jpg

倒れている姿も床との位置関係を気にしなくても良くなります。

tip12.jpg

浮いている感じになって調整が難しいです。



まずはこういう異空間という感じの画面で

「床を非表示」
「地平線を表示」

で、カメラの感じや基本的な扱いになれていくのが
良いかと思います。ある程度慣れてきたたらもう一体
フィギュアを追加して絡ませるのが良いかと思います。
2D絵つづき



またちょっと更新が滞ります。すみません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。