色々な画像の練習や表現
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
習作
ray-g-dead-bir002.jpg

ray-g-dead-bir000.jpg

バードン戦用テクスチャの習作です。
スポンサーサイト
すみません


また事情で、11月の半ば過ぎか終わりぐらいまで更新が滞ります。
またしばらく気長にお待ち頂ければ幸いです。

また、チャットでお会いした皆様ありがとうございました。
チャットルームは残しておきますので、機会がありましたら
告知後にこちらにURLを貼ります。是非ご参加頂ければと思います。
チャット中に
riv001.jpg

riv000.jpg


ruins2.jpg

ruins3.jpg

ruins4.jpg


作った画像です
残像の表現(追記)
a1.jpg

まず適当な画像を用意します。

a2.jpg

投げ縄ツールで手の部分を大まかに選択

a3.jpg

選択範囲が出来たら境界をぼかします。

a4.jpg

ぼかす範囲はお好みで。選択範囲の線がガタガタならこの前に
選択範囲の変更→滑らかにで滑らかにしておくのも手です。

a5.jpg

ぼかしの移動を選択

a6.jpg

大体の方向を合わせて、ぼかしの量を決めます。この辺りもお好みで。

大体こんな感じです。
(*゚∋゚)-2
(*゚∋゚)
birdx2.jpg

bird3.jpg

bird5.jpg

bird6.jpg

bird4.jpg


Feldenさんが製作されたあの怪獣を使わせて頂きました。
初フィギュア製作とは思えない程のすばらしさです。
やっぱり嘴は良いですね(笑)ありがとうございました。

最近また忙しくなってきて更新頻度並びに
レスが遅れている事をお詫び致します(;´Д`)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。