色々な画像の練習や表現
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最初の最初
まずPOSERを扱うに当たって自分がおすすめするのは
以下の様なやり方です。

tip1.jpg

まず起動したら「床」のチェックを外します。

適当なフィギュアを読み込みます。
CANDYさんのウルトラガールを使ってみましょう。

tip2.jpg

文章打ち間違ってますが(汗)
デフォルトのライト「薄いブルー」を選択。

tip3.jpg

背景色を濃い黒っぽい色に。

tip4.jpg

「地平線」にチェックを入れて地平線を表示。

tip5.jpg

カメラを動かして煽り気味にする。

tip6.jpg

レンダリング。下から見上げている感じに。

tip7.jpg

床を表示すると

tip8.jpg

ついついやってしまうレンダリング。
画面がとぎれて奥行きがない様に見えます。

tip9.jpg

カメラを煽り気味にすると

tip10.jpg

床だけレンダリングされてしまいます。

背景や小道具を沢山置きたいかも知れませんが、遮るものが多いと
カメラワークやレンダリングの面でややこしい部分が出てきますし
動作が重くなりますので慣れないうちはライトや背景だけで世界観を
作るのが良いかと思います。

まずはフィギュア以外全く遮るものがない状態で、動作に慣れるまで
好き勝手遊んでみましょう(笑)

tip11.jpg

倒れている姿も床との位置関係を気にしなくても良くなります。

tip12.jpg

浮いている感じになって調整が難しいです。



まずはこういう異空間という感じの画面で

「床を非表示」
「地平線を表示」

で、カメラの感じや基本的な扱いになれていくのが
良いかと思います。ある程度慣れてきたたらもう一体
フィギュアを追加して絡ませるのが良いかと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。