色々な画像の練習や表現
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
母の背中
kkk-mebx-kk-0001.jpg kkk-mebx-kk-0002.jpg

ウルトラマンメビウス Volume 10

第37話「父の背中」 宇宙三面魔像ジャシュライン
第38話「オーシャンの勇魚」 宇宙有翼怪獣 アリゲラ
第39話「無敵のママ」 憑依宇宙人 サーペント星人
第40話「ひとりの楽園」 宇宙植物怪獣 ソリチュラ

の中から第37話を参考に作った連作です。

ウルトラマンがカラータイマーを物理的に破損させられる描写が初めて登場します。
kkk-mebx-kk-0003.jpg kkk-mebx-kk-0004.jpg

kkk-mebx-kk-0005.jpg kkk-mebx-kk-0006.jpg

kkk-mebx-kk-0007.jpg kkk-mebx-kk-0008.jpg

kkk-mebx-kk-0009.jpg kkk-mebx-kk-0010.jpg

kkk-mebx-kk-0011.jpg kkk-mebx-kk-0012.jpg

「お母さんは小さい頃レイガデスに会ったの!だから大丈夫!」
「・・・・!?レイガデスだ!!やったー!!」

37話「父の背中」には前述の通り、カラータイマーを直接的な物理攻撃で破壊しようとする怪獣「宇宙三面魔像ジャシュライン」が登場します。その直前には怪光線でウルトラマンを金にして固めてしまうという、今までにはなかったなかなかの凶悪ぶり。CG技術の進歩によってそういった表現が小道具なしに出来るようになったのも大きいのだろうと思います。

ストーリーは幼い頃にウルトラの父を見たという人間のお父さんとその息子の関係を描いた王道的なもの。

ネットでの評判は賛否両論(メビウス自体が、昭和ウルトラ直系という難しい立ち位置にある作品だからなのでしょうが。)ですが、個人的にはこういったお約束王道救援モノが大好きなので(;´∀`) ウルトラの父が救援に駆けつけるシーンではかなり盛り上がってしまいました。また、お父さんが「幼い頃にウルトラの父を見た」というエピソードは、昭和ウルトラで父が登場する客演回がどういうものであったか思い出すとより一層深みが増し、想像力がかき立てられるのではと思います。

唯一残念なのが、肝心のジャシュラインです(;´Д`) 

コミカルなキャラ付けがなされており、まあ軽快に動くし軽いノリで良く喋る。戦隊の強力怪人ならばっちり嵌ったのかもしれませんが、ちょっと誤ると鬱話になりそうなエピソードでは、子供にトラウマが残る程の怖い宇宙人や怪獣が欲しいな・・・と思ってしまいました。(;´∀`)

昭和ウルトラの客演回は、肝心の客演がボコボコにされる(ゾフィー・新マン・ウルトラの父等々)パターンが結構ありますが、王道話で客演が格好良く決めてくれる回も良いな。と気づかせてくれる話でした。なのでメビウスにおけるウルトラ兄弟の客演回はどれも気に入っています。レオと80の客演回は元ネタをリアルタイムで見ていただけに、特に感慨深かったです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。